2005年10月10日

イタリア版 まんが 水戸黄門

水戸黄門 第35部 スタートを記念して、イタリア版の「まんが 水戸黄門」をどうぞ。

L'invincibile Shogun (無敵の将軍)
shogun.jpg

イタリア版 まんが水戸黄門オープニング動画は、Yahoo のブリーフケースへ
posted by urubosi82 at 23:04 | Comment(5) | TrackBack(3) | 格闘系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かっよええっっOP.俺.日本人でよかったぁぁ
Posted by T at 2006年06月15日 00:12
ちゃんばらは、日本の文化・・・
Posted by 服部 at 2006年06月30日 13:49
こどもの頃しっかり見てましたが、やっぱり主人公は
助さんだったような。
二枚目ですものね。
Posted by 肺魚 at 2006年07月08日 17:32
この作品の凄さは
黄門様一行が悪人ばかりではなく妖怪とも戦う
という点だ。
幽々白書かよ?
Posted by ばび at 2006年08月08日 07:30
懐かしいです。私は1991年にイタリアを旅行したとき見ました。
体調が悪かったのでホテルを出ず、退屈しのぎにテレビをつけたら日本アニメの洪水で、充実した一日を過ごしてしまいました(笑)。
イタリア語の題は「無敵の将軍」ですね。たしかに絶対負けない。
助さんが印籠をシュルシュル回してみせると印籠がピカピカーッ。で、「この人はミツクニ・ミトであ〜る」と紹介した途端に、今の今までチャンバラしていた悪人どもが、刀を捨てて一斉に土下座して「ピエタ、ピエタ(お慈悲を)」って言う、おなじみのパターンですが、こんなの外人に理解出来るのだろうかと不思議に思いましたが、イタリアはそんなことお構いなしに日本アニメ垂れ流しでした。きっと今もそうでしょう。(しかしなぜかノワールとガンスリンガー・ガールは未見です。ガンスリはイタリアのやばい話なので仕方ないかも。)
その日に見たアニメのタイトルを書き留めておいたんですが、たしか数十本はあったと思います。
Posted by あぶもんもん at 2008年05月28日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

まんが水戸黄門
Excerpt: 1981年に放映されていた「まんが水戸黄門」というテレ東クオリティ炸裂のアニメ。その名の通りあの水戸黄門をよい子のみんなにも分かるように改変したアニメだ。欧米での日本のアニメさんというブログによると..
Weblog: 和の心に酔いしれろ
Tracked: 2005-11-27 01:05

これこれ!
Excerpt: イタリア版 まんが 水戸黄門 私の記憶に間違いはなかった。 以前、トリビアの泉で紹介されたときも 「やっぱりあったんだ!」 と思ったものですが、こうしてOP動画をじっくり見ると、 「..
Weblog: みなみんぶろぐ
Tracked: 2005-11-28 10:55

もう一度聞きたかったのよ
Excerpt: トリビアでみて妙に心にひっかかっておる 水戸黄門の...
Weblog: applepie in the afternoon
Tracked: 2005-11-29 00:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。