2006年03月10日

一休さん (イタリア)

Ikkyusan, il piccolo bonzo
ikkyusan.jpg


イタリアでは1985年に放送されたそうです。イントロと間奏が中華風味になっているところが、時代を感じさせます。でも、モクギョの音の表現はなかなかです。

Bonzo というのは、坊主のことなんでしょうね。(^^)
posted by urubosi82 at 12:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他のアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
服部さん こんばんは。

Bonzoというのは「1.(仏教の)僧侶 2.自分を優れた人物と思い込んでいる人」という意味です。
なのでアニメのタイトルが「Bonzo」なのがそのためですね。

タイトルを訳すと「一休さん、小さな僧侶」になるようです。
Posted by ナオリン at 2006年03月15日 02:02
ナオリンさん、こんにちは。
Bonzo は16世紀に、日本にやってきたポルトガルの宣教師が世界に広めた言葉のようです。英語、仏語、独語などでは、Bonze となっているようです。
基になっている日本語なのですが、これには「坊主」と「梵僧」の二つの説があるようです。

僕は、「小坊主、一休さん」というようなのがよいように思えます。(^^)
Posted by 服部 at 2006年03月15日 12:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。